GSoC2014 で承認された MATE プロジェクト

数週間のレビューの後、2014 年の Google Summer of Code (GSoC) のアプリケーションと選択の期間は終わりました。4420 人の学生がこの夏に合計 6313 のプロジェクトを提案しました。そのうち 1307 人の学生が受け入れられ、MATE デスクトッププロジェクトは今年の学生と共に活動する 190 のオープンソースプロジェクトのうちの 1 つです。

GSoC メンター組織としての 2 年目に、MATE チームは 4 件の学生からの提案を受け、学生プロジェクトで 3 つの計画が割り当てられました。

2014年度の GSoC の学生等を紹介できて嬉しく思います。

  • Avishkar Gupta さんは、ePub レンダリング機能を MATE デスクトップの文書ビューアである Atril に追加しようと取り組んでいます。
  • Michal Ratajsky さんは、廃止された GStreamer 0.1.0 ライブラリへの依存を置き換えるため、GStreamer 1.0 サポートを MATE デスクトップ環境に追加する作業を行う予定です。 /n /n
  • Alexander van der Meij さんは Caja 拡張機能の改善に取り組む予定です。 したがって、実行時にこれらを統合して、Caja 拡張機能構成用の単一のユーザーインターフェースを作成することもできます。 /n

MATE チームへのこうした新しい貢献者を歓迎するとともに、彼らの夏季プロジェクトの成功をお祈りします。

MATE チーム全体を代表して、私たちの GSoC オーガナイザーである openSUSE にも感謝の意を表します。 2014. 彼らは、プロジェクトに必要な開発リソースを提供する目的で、MATE チームのために、これらの GSoC の取り組みの中で素晴らしい仕事をしてくただきました。 /n


Contents © 2021 The MATE Team
Creative Commons License BY-SA
RSS GitHub Twitter Wiki