Arch Linux 用の MATE 1.6 版パッケージ

MATE1.6 パッケージは Arch Linux ではかなり前から提供されています。ではどうしてこのブログに投稿したのかといば …

ここ数ヶ月の間に、Arch Linux 用の MATE 1.6 パッケージが修正され、整理され、拡張されました。私たちがこれまで取り組んできたことの概要は以下のとおりです。

  • Arch Linux にあった特有なバグがすべて修正されました。
  • 新しい自動ビルドスクリプトとビルドクラスタ。
  • 次のプラットフォームを完全にサポートします
    • armv6h (Raspberry Pi)
    • armv7h
    • i686
    • x86_64
  • MATE コミュニティから提供された9つのアプリケーション/アプレットを追加でパッケージ化しました。
  • Pulse Audio バックエンドまたは GStreamer バックエンドの選択。
  • Cherry は MATE 1.7 より systemdlogind の機能をいくつか選択しました。
  • Cherry は MATE 1.7 の upower 機能をいくつか取り上げました。
  • Cherry は MATE 1.7 の雑多なバグ修正を取り上げました。
  • MATE 1.6 PKGBUILD は自動的に AUR と同期するようになりました。
  • MATE 用の Arch Linux パッケージリポジトリは署名されています。

MATE 1.6 を Arch Linux にインストールするのに必要な情報は、次の Wiki ページですべて知ることができます。

次の方々に対して特にお礼を申し上げます。

  • Wolfgang Ulbrich さん Fedora 開発チームと協力しての systemdlogindupower の取り組み。 Arch Linux にとって非常に有益な各種修正。 さらにまた、多数のコミュニティー・アプリケーションの貢献。
  • Sander Sweers さんと Stefano Karapetsas さん 私を MATE チームに迎え入れてくださり、IRC で助けていただいたこと。

MATE 1.6 パッケージが良好な状態になったので、MATE を Arch Linux の公式リポジトリに入れるプロセスを開始します。AURMATE パッケージに投票することで支援することが可能です。


Contents © 2021 The MATE Team
Creative Commons License BY-SA
RSS GitHub Twitter Wiki