MATE のマスターマインドを紹介します

私は幸運にも Linux アクションショー のエピソード 347 に招待されました。そこで MATE デスクトップについて、この起源はどこで、これがどこにに向かっているのかを少し話しました。私へのインタビューは下記に含まれています。

その時点では MATE 1.10 の開発目標をすべて網羅することはできなかったので、MATE ロードマップを参照して、完全な概要を把握することをお勧めします。さらに質問がある場合や、プロジェクトに貢献したい場合は、#mate IRC チャンネルでみなさんとチャットしたり、GitHub のプルリクエストをレビューしたりするのを楽しみにしています。

Jupiter Broadcasting では、毎週 FLOSS を中心にしたビデオキャストやポッドキャストが数多く制作されています。ご覧になると面白いかもしれません。


Contents © 2021 The MATE Team
Creative Commons License BY-SA
RSS GitHub Twitter Wiki