MATE 1.10 で Fedora 21/22 が GTK3対応に

Fedora プロジェクトの MATE デスクトップメンテナ等は、実験的な GTK3 ビルドが Fedora 21 と Fedora 22 でテスト可能となったことを発表しました。これらのGTK3 ビルドは動作しますが、複数の小さなレンダリング問題があるので、みなさんのフィードバックが大切です。

インストール

repo ファイルをインストールし、yum update を実行してください。

Fedora 22

$ wget https://copr.fedoraproject.org/coprs/raveit65/Mate-GTK3/repo/fedora-22/raveit65-Mate-GTK3-fedora-22.repo
$ sudo cp raveit65-Mate-GTK3-fedora-22.repo /etc/yum.repos.d/
$ sudo yum update

Fedora 21

$ wget https://copr.fedoraproject.org/coprs/raveit65/Mate-GTK3/repo/fedora-21/raveit65-Mate-GTK3-fedora-21.repo
$ sudo cp raveit65-Mate-GTK3-fedora-21.repo /etc/yum.repos.d/
$ sudo yum update

あるいは dnf コマンドを使ってください。

$ sudo dnf copr enable raveit65/Mate-GTK3
$ sudo dnf update

問題を報告するには

GitHub の MATE デスクトップ issue tracker を使い、’GTK3 and Fedora’ を件名に含めてください。

  • https://github.com/mate-desktop

いくつかの注意点:

  • Compiz はウィンドウ装飾として emerald だけで動作します。
  • Fedora stable の GTK2 パッケージと上記のリポジトリの GTK3 パッケージを混在させて使用しないでください。 .
  • 次の MATE アプリケーションは、GTK3 ビルドの MATE と一緒に使用しないでください。GTK3 へ移植されていないからです。
    • mintMenu および MATE Menu
    • mate-applet-streamer
    • mate-applet-lockkeys
    • mate-applet-softupd
    • caja-terminal

Contents © 2021 The MATE Team
Creative Commons License BY-SA
RSS GitHub Twitter Wiki